乳がんの治療について

術前補助療法と術後補助療法について

術前補助療法とは、乳がんの初期治療として、手術で切除しやすくするためにがんを小さくしたり、目にみえない小さな転移を根絶させることを目的に手術前に行う全身治療をいいます。主として化学療法が行われます。最近ではホルモン療法(閉経後)も有用であると考えられるようになりました。

一方、術後補助療法とは、手術の時点ではみつけることができなかったきわめて小さな転移巣や局所のがん細胞を根絶し、乳がんの再発を予防することを目的に、手術後に行う全身治療や局所の放射線治療をいいます。病態やがんの進行度に応じて化学療法、ホルモン療法、放射線療法などが組み合わされて行われます。

スイスのザンクトガレン(St.Gallen)で始まった、乳がんの術後補助療法に関する国際会議において2年に1回、乳がん専門医らの協議を経て術後補助療法の治療指針が決められます。詳しくは医師に相談してください。

ページトップへ