乳がんの治療について

治療法の種類

乳がんの治療法には、手術療法、放射線療法、薬物療法などがあります。乳がんは小さくてもいろいろな臓器に転移しやすい性質であるため、全身の病気と考えることができます。つまり、手術や放射線療法などの局所療法だけでなく、薬物療法などの全身療法を組み合わせた治療を行うのが一般的です。

手術療法には、乳房温存術と乳房切除術があります。手術前にわきの下(腋窩リンパ節)に転移があると診断された場合は、リンパ節を手術でとります。
一方、手術前に腋窩リンパ節に転移がないかまたは疑いと診断された場合は、センチネルリンパ節生検(「手術の方法」ページ参照)を行い、センチネルリンパ節への転移の有無を調べます。転移があれば腋窩リンパ節をとり、転移がなければ腋窩リンパ節をとることを省略します。

薬物療法には、化学療法(抗がん剤療法)、内分泌療法(ホルモン療法)、分子標的療法などがあります。分子標的療法は、がん細胞に特有の性質をみつけ、そこを狙い撃ちする治療法です。それぞれの治療法については、次のページで解説します。

局所療法・全身療法の図

ページトップへ