緩和ケアについて

1.緩和ケアとは?

緩和ケアは、痛みなどの身体的な症状のほか、不安や落ち込んだ気分、乳がんになったことによる女性としての精神的なつらさ、社会経済的な問題などのさまざまな苦痛に対し、これらをやわらげる対処を行い、患者さんとご家族を援助するケアをいいます。
緩和ケアの目的は、患者さんとご家族が生活の質(クオリティー・オブ・ライフ:QOL)を保つことにより、自分らしく過ごしていただけるようにすることです。
かつて、緩和ケアは“治療の手段がなくなってしまったがん患者さんに対する終末期の医療”ととらえられた時期がありました。しかし現在では、進行期や終末期の患者さんだけでなく、乳がんと診断された時点から受けられるという考え方になっています。したがって、病気の状態や時期にかかわらず、がんと診断された早期から療養の経過を通じていつでも緩和ケアを受けることができます。
痛みなどの身体的苦痛はもちろん、不安などの精神的な苦痛、さらに人生の意味や生きる意味を考えて苦しくなった時、苦痛から解放されたいと思った時は、遠慮せずに医師や看護師、薬剤師などの医療スタッフに相談しましょう。

ページトップへ

2.痛みの治療

がんの痛みはとてもつらいものです。痛みがあると治療を続ける元気がなくなるなど、がんの治療に大きな影響を与えますので、痛みをつらく感じない状態にすること(疼痛緩和)はとても大切なことです。
がんの痛みの治療には、非オピオイド鎮痛薬(NSAIDsといわれる消炎鎮痛薬など)、そしてオピオイドとよばれる医療用麻薬を痛みの程度に応じて使います。また、必要に応じていろいろなお薬を鎮痛補助薬として使います。

軽度の痛み 非オピオイド鎮痛薬(NSAIDsといわれる消炎鎮痛薬など)
軽度から中等度の痛み 弱いまたは少ない量のオピオイド(医療用麻薬)
中等度から高度の痛み 痛みの強さに合わせて使う量を調節できるオピオイド
(医療用麻薬)

オピオイドには、1日1~2回服用する飲み薬、3日間有効な貼り薬、粉薬や水薬、坐薬、注射薬などのさまざまな種類があります。痛みの状態や病状に合わせて、適切な薬剤を処方してもらうようにしましょう。

ページトップへ