武田薬品工業株式会社

胸やけのお話

胸やけのお話 > おくすりによる治療

逆流性食道炎の治療は、大きく分けておくすりによる治療と、手術による治療がありますが、多くの場合、おくすりによる治療で症状が改善します。

逆流性食道炎を放置することは、「胸やけ」や「呑酸どんさん」が持続することであり、生活の質が低下します。
自然に軽快するものもありますが、重症化する場合もありますので、早めの治療が有効です。

症状がなくなったからといって、自分の判断で勝手に服用をやめてしまうと、ほとんどの人はすぐに再発してしまいます。逆流性食道炎の治療では、医師の指示にしたがってきちんと薬を飲み続け、炎症を完全に治し、維持することが大切です。

おくすりによる治療

おくすりには、胃酸の分泌を抑える薬、食道の運動機能を改善する薬、食道の粘膜を保護する薬、胃酸を中和する薬、の主に4種類があります。

おくすりの種類働き

①酸分泌
抑制薬

PPI胃壁細胞のプロトンポンプに働き、胃酸の分泌を抑えます。
H2ブロッカー胃壁細胞のH2受容体に働き、胃酸の分泌を抑えます。

②消化管運動機能改善薬

逆流した胃酸を胃に押し戻します。また、胃の運動を改善して胃からの排出を促進します。
③粘膜保護薬食道粘膜の傷口に働き、胃酸による傷害を防ぎます。
④制酸薬胃酸を中和します。

① 胃酸の分泌を抑えるお薬(酸分泌抑制薬)

「逆流性食道炎」と「非びらん性胃食道逆流症」の大きな原因となる胃酸の分泌を抑え、食道ヘ逆流する胃酸を少なくします。この働きをもつおくすりには、プロトンポンプ阻害薬※1(PPI)とヒスタミンH2受容体拮抗薬※2(H2ブロッ力ー)の2種類があります。ともに「胸やけ」などの症状を改善するだけでなく、胃酸による食道の炎症を改善する働きもあります。
※おくすりによっては、「非びらん胃食道逆流症」に使用できないものもあります。

② 食道の運動機能を改善するお薬(消化管運動機能改善薬)

食道の動き(蠕動運動)を改善し、逆流した胃酸を胃に押し戻す働きと、胃の運動を改善して胃からの排出を促進する働きがあります。

③ 食道の粘膜を保護するお薬(粘膜保護薬)

食道粘膜の傷口に働き、胃酸による傷害を防ぐ働きがあります。

④ 胃酸を中和するお薬(制酸薬)

胃酸を中和する働きがあります。

※1:プロトンポンプ阻害薬とは
胃酸を分泌する仕組みの一つとして、胃酸を出す細胞にプロトンポンプと呼ばれる仕組みがあります。これが活発に働くと、胃酸の分泌が促進されるため、この作用を抑えるお薬(プロトンポンプ阻害薬)は、胃酸分泌を抑制します。

※2:H2ブロッカーとは
胃酸を分泌する細胞にあるヒスタミンH2受容体に働き、胃酸の分泌を促す信号が伝わるのを防ぎ、胃酸の分泌を抑制します。

維持療法

自覚症状がなくなり、食道粘膜の炎症が完全に改善したら、治療はいったん終了です。ただし、多くの人は再発をくりかえしますので、その場合は再発を防止するために維持療法を行う必要があります。維持療法には、引き続き酸分泌抑制薬が使われます。

胸やけ日誌

あなたの「胸やけ」などの症状をきちんと記録していただくと、治療の参考になります。症状を記録して、受診の際に、主治医にお見せください。

▲ このページのトップへ