植物のご紹介

チョウセンゴミシ

チョウセンゴミシ

Schisandra chinensis Baillon マツブサ科(Schisandraceae)
生薬名:ゴミシ(五味子)  薬用部位:果実
東アジアに分布するつる性の落葉木本ですが、暑さに弱いことから西日本の平地で栽培すると生育が緩慢になります。五味子の「五味」は甘味・酸味・辛味・塩(鹹)味・苦味を表し、それらすべての味がすることから名前が付けられました。成分としてリグナンであるシザンドリンなどを含みます。咳を鎮めたり、痰を除いたりすることを目的に、一般用漢方製剤294処方中では、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などの15処方に配合されています。茶材としても利用される「五味子茶」は、韓国の伝統茶で赤色をしています。

夏に芳香のある黄白色の花を咲かせます。

房状に液果をつけ、やがて赤く熟します。

収穫した赤い果実は、乾燥させると黒色になります。表面に白い粉が見られる場合がありますが、これはクエン酸が析出したものです。