予防接種・ワクチンのおはなし ワクチンとは・・・「感染症」(昔は「伝染病」と呼ばれました)は、細菌やウイルスなどが体に侵入し、体の免疫力と戦い打ち勝った場合に病気として発症します。もちろん体の免疫力が強ければ「感染症」にはかかりません。したがって特定の病気(例えば麻疹(はしか)など)にかからないためには、特別に作用する免疫力が必要です。この「特別に作用する免疫力」を人為的にあらかじめ与えておく方法が「予防接種」で、その手段として使用されるのが「ワクチン」です。「ワクチン」はその病気にかかることなく、「特別の免疫」を体に与えてくれる製剤です。
日本脳炎 麻疹(はしか)
ジフテリア 風疹(ふうしん)
百日せき おたふくかぜ
破傷風 インフルエンザ
用語解説集 ワクチン保存剤について
予防接種スケジューラー
Windows ストアアプリ版 IE10では
非対応となります。
生活習慣病情報のトップへ
用語解説集 ワクチン保存剤について
用語解説集 ワクチン保存剤について
ワクチンの種類 ワクチンと感染症予防 ワクチンを上手に受けていただくために 用語解説集 ワクチン保存剤について
ワクチンと感染症予防 ワクチンの種類 ワクチンを上手に受けていただくために 麻疹排除計画