植物のご紹介

クズ

クズ

Pueraria lobata Ohwi マメ科 (Fabaceae)
生薬名:カッコン(葛根)     薬用部位:根
北海道~九州までの日本各地のほか、中国からフィリピン、インドネシア、ニューギニアに分布する多年草で、荒れ地や人手の入った後に放置された薮によく繁茂します。昔から秋の七草の一つとしてもよく知られています。和名は、かつて大和国(現:奈良県)の国栖(くず)が葛粉の産地であったことに由来しています。この地域に住んでいた人々は、つる植物の根から澱粉を採って食用にする習慣があったようです。根には、主成分ダイゼイン、プエラリンなどを含み、発汗、解熱、鎮痙、血糖降下などの作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち葛根湯(かっこんとう)など14処方に配合されています。また根にはデンプンが10~15%含まれ、「葛澱粉」として和菓子などに用いられます。その他、クズの茎から得られる繊維で織った「葛布」は水に強く、袴や雨具などに用いられていました。

8~9月の秋期に赤紫色の花を咲かせ、甘い芳香を放ちます。果実は枝豆に似ていて、やや小型です。

根は長芋状に肥大し、大きいものでは直径が20cmにも達します。

特に奈良県大宇陀町の吉野葛や、福井県の熊川葛は有名で、現在も昔のままの製法で作られています。