植物のご紹介

シナマオウ

シナマオウ

Ephedra sinica Stapf マオウ科(Ephedraceae)
生薬名:マオウ(麻黄)  薬用部位:地上茎
中国北部~中央アジア、インドの乾燥地帯に分布する常緑の裸子植物で、小低木となります。生薬「麻黄」は本種の地上茎で、エフェドリン(アルカロイド)などの成分を含み、鎮咳、発汗、解熱、去痰などの作用があります。エフェドリンは、長井長義が1885年に単離に成功したもので、これは漢方生薬の成分を世界で初めて解明した事例でもあります。一般漢方製剤294処方中、葛根湯(かっこんとう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)など感冒処方を中心とした32処方に配合されます。

黄色の花をつけます。茎の節にりん片葉が2、3枚見られますが(矢印)、これは葉が退化したものです。

本種は雌雄異株で、雌株は球形の赤い果実をつけます。

古いものが良品とされる生薬は「六陳」と呼ばれますが、麻黄はその一つです。