植物のご紹介

センキュウ

センキュウ

Cnidium officinale Makino セリ科 (Apiaceae) 
生薬名:センキュウ(川芎)     薬用部位:根茎
中国に分布する多年草で、高さ30~60cmになります。北海道で生産される代表的な薬草の一つです。生薬「川芎」は本種の根茎を通例、湯通したものです。本来は芎窮(きゅうきゅう)と呼ばれていましたが、四川省のものが優良品であったため、この名称になったと言われます。クニジリド(フタリド類)などの成分を含み、補血、強壮などの作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち、 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、四物湯(しもつとう)などの56処方に配合されます。

7~8月に小さな白い花をたくさん咲かせます。

日本では北海道のほか、東北地方、奈良県などで栽培されています。

特有の芳香は、衣服に付くとなかなかとれません。