植物のご紹介

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

便秘に広く用いられます。体力にかかわらず使用することができ、便秘に伴うのぼせ、頭重、皮膚炎、ふきでもの、食欲不振、腹部膨満などの症状も緩和します。なお、「タケダ漢方便秘薬」は本処方のエキス製剤です。下剤としての作用を担うのは大黄ですが、甘草が加わることによってその作用が穏やかなものになり、自然に近いお通じが得られやすくなります。

植物: シンシュウダイオウなど
部位: 根茎
性味: 苦、寒

植物: ウラルカンゾウなど
部位: 根、ストロン
性味: 甘、平