植物のご紹介

フタバアオイ

フタバアオイ

Asarum caulescens Maxim. ウマノスズクサ科(Aristolochiaceae)
東北南部から四国、九州に分布し、山地のやや湿った樹林下に生える多年草です。茎は地際に横たわり、春先に茎の先端部が伸長して2枚の葉を展開し、冬には落葉します。4~5月頃、淡紅色の花を下向きに咲かせます。フタバアオイは京都の賀茂神社の祭礼(葵祭)に用いられ、賀茂神社の神紋でもあります。また徳川家の三葉葵もフタバアオイが図案化されたものです。

明るい樹林下で生育して群落を形成します。

葉はハート型をしており、和名は必ず2葉を展開することから付けられました。

葵祭には、フタバアオイと同様にカツラの枝葉も用いられます。