植物のご紹介

ハンゲショウ

ハンゲショウ

Saururus chinensis (Lour.) Baill.    ドクダミ科(Saururaceae)
中国、朝鮮半島、我が国の本州以南に分布する多年草で、湿地や水辺に自生しています。草丈は80~100cmとなり、7月頃に開花します。同時に最上部の葉の基部が白く変色しますが、ちょうどこの頃が七十二候のひとつである半夏生(夏至から11日目)にあたることや半化粧から転じて和名が付いたとされています。全草は「三白草(さんぱくそう)」、根茎は「三白根(さんぱくこん)」の生薬名で呼ばれ、メチル-n-ノニルケトン(精油)などを含み、利尿、解毒などの作用があるとされています。

増殖は根茎の株分けで行いますが、繁殖力が旺盛なので雑草化に注意が必要です。

生薬「三白草」には精油成分が含まれ、乾燥直後の葉ではドクダミ様のやや不快な臭いがします。

北アメリカに分布する同属のアメリカハンゲショウ(S. cernuus Linn.)は、開花期に葉が白く変色しません。