植物のご紹介

クサスギカズラ

クサスギカズラ

Asparagus cochinchinensis (Lour.) Merr. ユリ科(Liliaceae)
〔局方〕 Asparagus cochinchinensis Merrill

生薬名:テンモンドウ(天門冬) 薬用部位:根
日本、台湾、中国、朝鮮半島の海岸に分布するつる性の多年草です。草丈は100~150cmとなり、5~6月に開花します。生薬「天門冬」は本種のコルク化した外層の大部分を除いた根を、通例、蒸したもので、アスパラギン(アミノ酸)などの成分を含み、滋養、強壮、止渇作用などがあります。漢方では鎮咳、止渇などのために用いられ、一般用漢方製剤294処方のうち、滋陰降火湯(じいんこうかとう)、清肺湯(せいはいとう)など3処方に配合されています。

茎には棘(とげ)が生えており、これを他の植物に絡ませながらつる状に伸びていきます。

生薬「天門冬」が鎮咳のために用いられる場合には、生薬の「麦門冬」で代用されることもあります。

同属の近縁種には、食用のアスパラガス(A. officinalis Linn. var. altilis Linn.)があります。