植物のご紹介

クララ

クララ

Sophora flavescens Aiton マメ科(Fabaceae) 〔局〕マメ科(Leguminosae)
生薬名:クジン(苦参) 薬用部位:根
日本、中国および韓国に分布する多年草です。草丈80~150cmになり、6~7月に淡い黄色の花を咲かせます。生薬「苦参」は本種の根を乾燥させたもので、マトリン(アルカロイド)などの成分を含み、抗炎症、清熱作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち皮膚の赤み、かゆみを改善させる苦参湯や消風散など5処方に配合されています。本種は、根を口に含むと目が眩むほど苦いことから「眩草(くららぐさ)」という別名がついています。また、同属のエンジュ(S. japonica)に似ていることからクサエンジュとも呼ばれています。

開花後、先端が長く伸びて尖った豆果をつけます。

生薬は、根を乾燥させたもので、しばしば周皮を取り除いたものも使用されます。

エンジュの蕾を乾燥させたものは、生薬「槐花(かいか)」として利用されています。