植物のご紹介

サジオモダカ

サジオモダカ

Alisma plantago-aquatica var. orientale Sam. オモダカ科(Alismataceae)
(局方) Alisma orientale (Sam.)Juzepczuk
生薬名:タクシャ(沢瀉)     薬用部位:塊茎   
わが国の東北以北、アジア北東部に分布する多年草です。湖沼やため池などの湿地に生育し、草丈60~80cmとなり、6~7月に開花します。この仲間は温帯、熱帯地方に30種類程度が知られていますが、日本では本種のほかにヘラオモダカ(A.canaliculatum A.Br. et Bouch.)が自生しています。生薬「沢瀉」は本種の塊茎で、通例、周皮を除いたもので、アリソール(トリテルペン)などを含み、利尿、止渇などの作用があります。一般用漢方製剤294処方中では八味地黄丸(はちみじおうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、五苓散(ごれいさん)など28処方に配合されています。

和名は葉がさじ(スプーン)に似ていることから名付けられました。

花は、昼頃に開き、夕方には閉じる一日花です。

中国産は四川省および福建省で大規模に栽培されています。日本ではかつて長野県、北海道で少量が栽培されていました。