植物のご紹介

ユズ

ユズ

Citrus junos Sieb. ex Tanaka ミカン科(Rutaceae)
中国の長江上流に分布する常緑小高木で、樹高3~5m程度になります。日本に渡来した時期は定かではありませんが、奈良時代または飛鳥時代の頃と考えられています。ユズは結実までに長期間を要することから、俗に「桃栗3年、柿8年、柚子は9年の花盛り」といわれています。ユズの果実にはヘスペリジンのほか、ピネン、シトラールなどの精油成分を含み、芳香性健胃や発汗作用があります。古くより冬至の日にはユズ湯に入る風習がありますが、本種の精油成分には寒さで停滞しがちな血行を促す効果があります。

調味用柑橘類として最も利用される種のひとつです。

1kgほどの巨大な果実を着ける写真右のシシユズ(Citrus pseudogulgul Hort. ex Shirai)は、ユズよりブンタンに近い仲間です。