植物のご紹介

クコ

クコ

Lycium chinenseMill. ナス科(Solanaceae)
生薬名:クコシ(枸杞子)・ジコッピ(地骨皮) 薬用部位:果実・根皮 
 中国に分布する落葉性低木で、草丈1~2m程度になります。薬用部位の果実、根皮には主要成分としてベタインを含み、強壮、免疫増強作用などがあります。生薬名の地骨皮は、クコの根が骨のような形をしているため名付けられています。一般用漢方製剤294処方のうち、枸杞子は杞菊地黄丸( こぎくじおうがん )の 1処方、地骨皮は滋陰至宝湯(じいんしほうとう)、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)の2処方に配合されています。また薬膳料理として赤い実が杏仁豆腐や中国粥の材料に用いられます。 

花は8~11月にかけて咲きます。

枸杞子:秋に成熟した果実を乾燥したものです。

地骨皮:根を秋に掘上げ、芯を除いて乾燥したものです。