植物のご紹介

ナンバンカラスウリ

ナンバンカラスウリ

Momordica cochinchinensis Spreng. ウリ科(Cucurbitaceae)
生薬名:木鼈子(モクベツシ) 薬用部位:種子
中国の広西、四川などに分布し、山地、林縁に生えるツル性の多年草植物です。わが国では気温が上がる6月頃より旺盛にツルを伸ばして生育します。花は6~8月に咲きますが雌雄異株なので、両株の花が同時に咲かないと結実しません。受粉から約1ヶ月で完熟した果実を形成します。耐寒性が低いので、根元の上にコモなどを被せて越冬させます。種子にトリテルペノイドのモモルジンなどを含み、血圧降下・解毒などの作用があります。

雌花

雄花

亀の形のような種子