植物のご紹介

エビスグサ

エビスグサ

Senna obtusifolia H.S.Irwin et Barneby ジャケツイバラ科(Caesalpiniaceae )
(局方) Cassia obtusifolia Linn.   マメ科(Leguminosae)
生薬名:ケツメイシ(決明子)   薬用部位:種子
中央アメリカに分布する一年草で、熱帯アジア各地および日本でも広く栽培されています。草丈は70~150cmで、6~8月に黄色の花を咲かせます。生薬名は「明を決(ひら)く種子」の意味で、中国では主に眼科疾患に用いられますが、点眼薬ではなく内服薬として用いられます。成分はオブツシフォリン(アントラキノン類)などを含み、整腸、緩下作用があります。エビスグサの種子を麦茶のように炮じて飲用します。

エビスグサの莢は横向きに着きます。

ハブソウ(Senna occidentalisLink)の莢は上向きに着きます。種子は生薬「望江南(ボウコウナン)」として用いられ、エビスグサと同様に茶剤にされます。

左側:艶があり、角ばった種子はエビスグサ   
右側:艶がなく、丸めの種子はハブソウ