植物のご紹介

ゴレンシ

ゴレンシ

Averrhoa carambola Linn. カタバミ科(Oxalidaceae)
マレー半島やジャワ島などに分布する常緑高木で、温暖でやや湿度の高い東南アジアを中心に熱帯各地で栽培されています。国内では沖縄県、宮崎県、鹿児島県で生産栽培されています。中国では、果実を生薬名「陽桃(ヨウトウ)」、葉を「陽桃葉(ヨウトウヨウ)」、花を「陽桃花(ヨウトウカ)」、根を「陽桃根(ヨウトウコン)」と称して、解熱、解毒、利尿に用いられるようです。果実は黄色で5つの稜があり、断面が星形をしていることからスターフルーツと呼ばれて、生食したり、サラダに用いられる他、漬物、ジャム、ジュースなどの加工品に利用されます。 果肉にはシュウ酸、クエン酸、リンゴ酸を含むため酸味があります。

果実の形が星型を呈することからスターフルーツと呼ばれます。

7月~9月にかけて花を咲かせます。

似た形状の花を咲かせる近縁種のムラサキカタバミ( Oxalis corymbosa DC. ) 。


環状剥皮を実施することで効果的に花芽分化を促すことができます。