植物のご紹介

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、足腰の冷え症などに適用されます。本処方は、血流促進に働く補血活血作用と、体内の水分バランスを調整する利水作用をあわせ持つ処方と言われています。当帰・川芎・芍薬は血を補って血行を改善し、 茯苓・白朮(蒼朮)・沢瀉は水分の代謝異常を改善する役割を担います。

植物: トウキなど
部位: 根
性味: 甘・辛・苦、温

植物: センキュウ
部位: 根茎
性味: 辛、温

植物: シャクヤク
部位: 根
性味: 苦・酸、涼。


基原: マツホド
部位: 菌核
性味: 甘、平

植物: ホソバオケラなど
部位: 根茎
性味: 甘・辛、温

植物: サジオモダカ
部位: 塊茎
性味: 甘、寒