>安全性について>用語に関する補足

用語に関する補足

用語及びその解説

用語解説
RI(アールアイ) 放射性同位元素。同一の元素であっても、原子核中の中性子数が異なる原子同士を同位体といい、うち、時間とともに放射線を発して他の元素へと崩壊するもの。
エアロゾル 気体中に比較的安定した状態のまま浮遊している、固体または液体の微粒子。
HEPA(ヘパ)フィルター 「定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルタ」(JIS Z 8122)。衝突、慣性、拡散等、複数の原理で粒子を捕捉(HEPAフィルターとは何ですか?)。
レスポンシブル・ケア活動 「責任ある配慮」とも訳される、事業者による化学物質の管理に関する国際的な自主管理活動で、現在52カ国に活動が広がっています。その目的は、化学物質を取り扱う過程における「環境」「安全」「健康」を確保することにあり、当社は日本レスポンシブル・ケア協議会発足時の1995年からレスポンシブル・ケア活動を実践しています。
宿主 組換え核酸が移入される生物。
ベクター 組換え核酸のうち、移入された宿主内で当該組換え核酸の全部又は一部を複製させるもの。

その他、使用頻度が高いこと等から正式名称を簡略化している主な用語は以下のとおりです。

簡略化名称正式名称
環境アセス条例 神奈川県環境影響評価条例(昭和55年10月神奈川県条例第36号)
技術指針 神奈川県環境影響評価技術指針(平成12年12月環計第 82号)
審査会 神奈川県環境影響評価審査会
実施計画書 (仮称)武田薬品工業株式会社新研究所建設事業環境影響予測評価実施計画書
予測評価書案 (仮称)武田薬品工業株式会社新研究所建設事業環境影響予測評価書案
予測評価書 (仮称)武田薬品工業株式会社新研究所建設事業環境影響予測評価書
カルタヘナ法 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年6月法律第97号)
感染症法 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年10月法律第114号)
廃棄物処理法 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(昭和45年12月法律第137号)
PRTR法 「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(平成11年7月法律第86号)
生活環境保全条例 「神奈川県生活環境の保全等に関する条例」(平成9年10月 条例第35号)