>安全性について>安全対策>薬効・薬理実験施設の排気・排水処理計画

薬効・薬理実験施設の排気・排水処理計画

固液分離等、以下の処理を行った一般動物排水及びRI動物排水は、生活排水・一般汚水排水と同様の水質とみなせることから、公共下水道へ放流しています。排気は、活性炭フィルターにより臭気物質を吸着する他、必要に応じて脱臭効果の高い光触媒方式による脱臭装置を通した後に、外部に放出しています。

一般動物排水

一般動物排水は、固液分離槽により固体と液体を分離し、固体については許可を得た廃棄物処理事業者に委託して処分しています。液体については、一般動物排水系の中継槽で水質管理を行なった上で、排水貯留槽を経て水質管理の後、公共下水道に放流しています。

RI動物排水

RI動物排水は、固液分離槽により固体と液体を分離し、固体についてはRI排水の重金属・有機溶媒系廃液と同様、指定容器で回収して許可を得たRI廃棄物処理事業者に委託して適切に処分しています。液体についてはRI系排水のみを対象とした中継槽に一旦貯留した後、水質管理を行なうとともに、排水貯留槽を経て水質管理の後、公共下水道に放流しています。