武田薬品工業株式会社

お魚アブラと中性脂肪のカンケイ

”お魚アブラと中性脂肪のカンケイ”ご存知ですか?
中性脂肪が高いと起こりやすくなる「心臓病」や「脳卒中」。
実は…。お魚を毎日食べる人は、食べない人と比べると心臓病や脳卒中になりにくいことがわかっています。

その秘密は、魚に含まれる「アブラ」。
「アブラ」と聞くと、健康によくないイメージがあるかもしれません。
でもそれは、お肉の「アブラ」をとりすぎること。お肉の「アブラ」をとりすぎると心臓病や脳卒中の原因になる「悪玉(LDL)コレステロール」を高くします。

その秘密は、魚に含まれる「アブラ」。
「アブラ」と聞くと、健康によくないイメージがあるかもしれません。
でもそれは、お肉の「アブラ」をとりすぎること。お肉の「アブラ」をとりすぎると心臓病や脳卒中の原因になる「悪玉(LDL)コレステロール」を高くします。

一方、魚に含まれる「アブラ」は、心臓病や脳卒中の原因となる中性脂肪を下げる働きを持っています。
同じ「アブラ」でも、「お魚のアブラ」と「お肉のアブラ」には違いがあります。
中性脂肪が高めの人は、「アブラ」の選び方に特に注意が必要です。

一方、魚に含まれる「アブラ」は、心臓病や脳卒中の原因となる中性脂肪を下げる働きを持っています。
同じ「アブラ」でも、「お魚のアブラ」と「お肉のアブラ」には違いがあります。
中性脂肪が高めの人は、「アブラ」の選び方に特に注意が必要です。

魚の食事頻度が少ないと、心臓病や脳卒中の相対的な危険性が高まります。日々の食生活が、将来のあなたの健康に大きな違いをもたらすので、注意が必要です。

このページをダウンロード

>

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTMプラグインが必要です。

ページの先頭へ