5.薬物療法について

多発性骨髄腫の薬物療法は、腫瘍細胞を消失させることを目標に行われます。薬物療法の内容や量は造血幹細胞移植の可否、年齢などによって異なります。長期間にわたって病状をコントロールするためには、できるだけ、標準治療を受けることが重要です。

移植を受ける人の治療法

大量薬物療法と自家末梢血幹細胞移植を組み合わせた標準治療を行います。まずは、複数の抗がん剤や新しいタイプのおくすり(プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬)を組み合わせた薬物療法(寛解導入療法)を3~4コース行い、白血球を増やすおくすりを注射して、患者さん自身の末梢血幹細胞を採取し凍結させておきます。その後、大量の抗がん剤を投与し、自家末梢血幹細胞移植を行って造血機能を回復させます。腎障害が起こっている場合などでは、移植前の抗がん剤の量を調整する場合もあります。

移植を受けない人の治療法

標準治療では、新しいタイプの薬剤を併用する薬物療法を行います。初回の治療では、従来の抗がん剤、プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬などのおくすりを組み合わせて投与します。
その後、休薬して様子をみるか、あるいは、プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬などのおくすりによる治療を続ける場合もあります。
高齢者、腎臓や心臓などに持病のある人は、その程度に応じておくすりの量を減らし、重い副作用が出ないように気を付けながら病状をコントロールすることが大切です。表4の①リスク因子が1つ以上ある人や②重度の骨髄抑制(白血球・好中球・血小板の減少、貧血)がある人は、ヨーロッパの専門家のグループがこれまでの知見からつくった基準などをもとに、段階的に、おくすりの量を減らします。
また、骨髄腫によって出ている合併症や患者さんの持病、体力、希望に応じて、おくすりの組み合わせや量を変えることもあります。

表4 薬物療法でおくすりの減量が
必要なリスク因子

表4 緊急性の高い合併症への対応 画像を拡大する

入院が必要な治療とは

多発性骨髄腫の薬物療法は、内服薬も多いため、一般的には、外来に通院する形で治療を受けることが多くなっています。
入院が必要になるのは、自家末梢血幹細胞を採取するときと移植を行うときです。また、治療の1コース目は、強い副作用が出ることがあるため、入院して治療することもあります。