>ニュースルーム >2017年 >湘南研究所における創薬支援の子会社であるアクセリードの事業...

湘南研究所における創薬支援の子会社であるアクセリードの事業開始について

~基礎研究と応用研究の橋渡しを行う日本の製薬業界初のビジネスモデル~
~創薬に関する総合的なサービスを提供~

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とAxcelead Drug Discovery Partners(アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズ)株式会社(本社:神奈川県藤沢市、旧名称:PRE設立準備会社、以下「アクセリード」)は、アクセリードが、2017年7月1日付で事業を開始しましたのでお知らせします。アクセリードは、武田薬品の創薬研究部門の一部事業を承継した、武田薬品の100%子会社であり、本事業承継については2017年5月15日付のプレスリリースで公表しています。

アクセリードは、探索研究から候補化合物の最適化まで、基礎研究と応用研究の橋渡しを実施します。同社は、武田薬品で培ってきた創薬に関する豊富な知見や最先端の研究設備を活かし、幅広い疾患およびアンメットメディカルニーズに対し、質の高い創薬支援サービスを提供します。同社は、武田薬品のみならず国内外の他の製薬企業、バイオベンチャー、アカデミアや公的研究機関を含むライフサイエンスに関わる様々な組織・企業に対し、創薬のコンサルティングサービスを含む総合的かつ包括的な創薬支援サービスを提供します。また同社は、武田薬品の構想する湘南ヘルス イノベーション パーク(Shonan Health Innovation Park)における既存の付加価値サービスを補完し、革新的な治療薬の共創・開発の可能性を広げることに貢献します。

アクセリード 代表取締役社長の池浦義典は、「今後、当社が創薬で重要な役割を果たしていくと確信しており、期待に胸を膨らませています。当社は、スクリーニング、合成、薬効薬理、薬物動態、安全性評価などの分野で総合的かつ包括的な専門性を提供することから、良き創薬のパートナーとなる能力を有しています。また、武田薬品での実績に裏付けられた質の高く豊富な技術や知識、経験を持つ人材を強みとする会社です。当社のビジョンは、受託研究の枠にとらわれない、各顧客の独自のニーズを満たす最適な解決法を提供することです。当社の従業員一人ひとりがイノベーションを目指す組織のベストパートナーとなり、創薬およびヘルスケアにおける新たなアプローチ創出に挑戦することを心待ちにしています」と述べています。

【アクセリードの概要】

(1) 名 称

Axcelead Drug Discovery Partners株式会社

英文表記: Axcelead Drug Discovery Partners, Inc.

(2) 所在地

神奈川県藤沢市村岡東二丁目26番地の1

(3) 代表者の役職・氏名

代表取締役社長 池浦 義典

(4) 事業内容

創薬研究に係る事業に関連する業務の受託等

(5) 資本金

100百万円

(6) 設立年月日

2017年4月27日

(7)決算期

3月31日

(8) 大株主および持株比率

武田薬品工業株式会社 100%

 

以上

ニュースリリース一覧