>サポート制度

サポート制度 - 長期療養の子どもたちへの支援

看護に集中できるようになりました 誰にも言えなかった悩みを聞いてもらえました サポートしてくれる制度を知らなかったから助かりました 知りたかった情報を教えてもらえました

「不治の病」とされていた小児がんは、21世紀の現在、70%以上の子どもたちが治るようになりました。

とはいえ、闘病生活は長期にわたり、患者や家族の社会的・精神的・経済的な負担や悩みは多く問題は尽きません。

また、病気を克服して日常生活に復帰する子どもたちにとっては、進学や就職、結婚や出産など、その後の長い人生においても周囲の理解や支援が必要になります。

現在、行政やNPOなど様々な団体がサポート活動を実施していますが、そのようなサポート制度の情報を整理した上で提供し、子どもたちやご家族を支える団体があります。

サポート制度に取り組む団体を詳しく見る!

がんの子どもを守る会

オフィシャルHP

がんの子どもを守る会

小児がんは医学の進歩にともなって、「不治の病」から「治る病気」になりつつあります。しかし、小児がんの患者とその家族はさまざまな問題を抱えているのが実状です。(公財)がんの子どもを守る会は、患者とその家族が直面している困難や悩みを少しでも軽減すべく患者とその家族が中心となり、医療関係をはじめとする多くの方々の支援のもとに活動をしています。

HOPEプロジェクト

オフィシャルHP

HOPEプロジェクト

HOPEプロジェクトは、思いがけず、がん患者・家族(以降、"サバイバー"と称す)となった私たちが、共生への願いをこめ発足させました。「ボタニカルキッズクラブ」「カフェトーク」「知ってほしいキャンペーン」「希望の言葉を贈りあおう」「がんと就労問題:CSRプロジェクト(2011年に一般社団法人化)」などの様々な活動を通じて、サバイバーが社会に向けて発信する活動を展開しています。