>宿泊

宿泊 - 長期療養の子どもたちへの支援

宿泊施設で同じ立場の方と交流を持てて励みになります 子どもの側にずっといてあげられる 肉体的にも経済的にも負担が減りました 病院の近くにあたたかい宿泊施設があってすごく安心です!

子どもが難病になったとき、ご家族は一刻も早く専門の病院にかけつけます。遠方であろうと、経済的に負担があろうと、わが子の命には変えられません。

これらの難病治療にあたる大都市の専門病院は、ほとんどが完全看護体制をとっており、面会終了後、ご家族は子どもを病院に残し、ひとりホテル等で長い夜を過ごさなければなりません。病気のわが子や家に残してきた他の家族への心配、二重生活による経済的負担など、様々な負担が重くのしかかります。

このようなご家族のために、安価で、かつ安心・安全に滞在できる宿泊場所を提供する取り組みが行われています。

宿泊について活動する団体を詳しく見る!

ファミリーハウス

オフィシャルHP

ファミリーハウス

「ファミリーハウス」とは小児がん等の難病治療のために、地方や海外から大都市の病院に来ている子どもと介護する家族の疲れた心と身体をあたたかく迎え、宿泊施設として使っていただく「もうひとつの我が家」のことです。