>あそび

あそび - 長期療養の子どもたちへの支援

病院で積み木遊びができて楽しい!ピエロが遊びにきてくれたよ!パントマイムが面白かった!ボランティアの人が遊びに来てくれるの待ち遠しいな

長期療養を余儀なくされる子どもたちにとって、治療中は様々な制限を強いられ、大きなストレスがかかります。自由に遊んだり、学んだりすること。これは成長過程にある子どもたちにとって、生活そのものであり、それらが奪われることは、子どもたちから生活そのものが失われることでもあります。

そのような環境にいる子どもたちに、"遊び"や"笑い"を届けるために、子どもと遊ぶボランティアの方々や劇団、クラウンが、小児病棟を訪れる試みが各地で行われています。

あそびについて活動する団体を詳しく見る!

遊びのボランティア

オフィシャルHP

遊びのボランティア

NPO 法人「病気の子ども支援ネット遊びのボランティア」は、高度医療の病院に入院する子どもに遊びを届けています。治療中でも、子どもにとって遊びは大切なことであり、遊びは成長につながります。その成長発達を助けるのが遊びのボランティアです。

日本ホスピタル・クラウン協会

オフィシャルHP

日本ホスピタル・クラウン協会

ピエロと聞いて頭に浮かぶ赤い鼻のカラフルな衣装をつけた道化師は「クラウン」と言います。クラウンは普段サーカスやステージ、遊園地などでパフォーマンスをしています。
ホスピタル・クラウンは、そんなクラウンが病院に行って、入院中の子ども達に笑顔を届ける活動を支援しています。

子ども劇場千葉県センター

オフィシャルHP

子ども劇場千葉県センター

当センターは、「千葉県内の子どもたちの発達権を保障する生活文化環境づくり」をミッションに活動している子ども文化地域を専門分野とするNPOです。
千葉県小児科医会はじめ病院関係者、千葉県行政の医療部門関係者などから情報提供をうけつつ「病気と向き合う子どもが笑顔になる贈り物事業」を実施しています。

日本クリニクラウン協会

オフィシャルHP

日本クリニクラウン協会

入院中の子どもたちが、その子らしく過ごせる『こども時間』を届けるために、クリニクラウンは全国にある小児病棟を定期的に訪問しています。子どもの成長や発達をサポートするという視点を持ち、医療スタッフと協働して、子どもの療育環境の向上を目指し活動しています。

ゆいの会

オフィシャルHP

ゆいの会

ゆいの会とは、全国の病院で闘病中の子どもたちへ、プロのパフォーマンスによる楽しいひと時をプレゼントするボランティアグループです。人形劇やパントマイムなど、本物のパフォーマンスに触れる機会が少ない病室の子どもたちにとって、プロの芸をその目で見ることは、「笑顔」による効果はもちろん、今後に向けた勇気や希望にもつながっています。

絵本カーニバル

オフィシャルHP

絵本カーニバル

NPO法人絵本カーニバルは、病棟や地域の子どもたちに、絵本のある空間と様々な体験を届けています。

星空工房 アルリシャ

オフィシャルHP

星空工房アルリシャ

星空工房アルリシャでは、地上の星空から宇宙の果てまで自由自在に宇宙の姿を見せることのできるスペースエンジンを携え、星や宇宙をどこにでも「届ける」活動をしています。