>タケダが取り組む理由

タケダが取り組む理由

タケダは「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」というミッションに基づき、主に以下の3つの方法で、患者さんとそのご家族をサポートしています。

(1)
患者さんの病気の改善を目指した、優れたくすりの研究・開発・生産・販売活動。
(2)
健康関連セミナーの開催などを通じた啓発・予防活動。
(3)
長期療養を余儀なくされる患者さんとそのご家族の方々に対する、企業市民としての立場からの支援団体サポート活動。

(3)については、製薬企業の本業である医薬品を通しては、すぐには力になりにくい分野です。しかし、社会を構成する重要な一員である企業が持つノウハウを活かすことで、「本業」とは別のアプローチ、つまり企業市民活動を通じた支援ができるのではないか、と考えています。

タケダは、「いのち」に携わる製薬企業として、くすりでは解決することのできない課題に直面されている方々に対して「我々が果たすべき責任は何か」を検討し、活動に取り組んでいます。なかでも、長期療養の子どもたちとそのご家族は、成人の患者さんにはない特別なサポートが必要であり、タケダは、長期療養の子どもとそのご家族が直面している社会的な課題を解決するために活動しているNPOなどの団体を継続的に支援しています。

経営理念 優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する

タケダが支援した長期療養の子どもたちとそのご家族が抱える課題、およびその支援団体

あそび

きょうだい

サポート制度

つながり

宿泊

支援者の育成