知的財産戦略

 事業を支える知的財産権

知的財産部は、科学の新しいアイデア(発明)を特許権で、製品の信用(goodwill)を商標権で、それぞれ保護を行い、さらにその活用を促進することで、事業をサポートしています。
一般的に医薬品は少ない特許権、例えば新規有効成分の物質特許だけで保護されていると思われています。しかし、現実にはパテントポートフォリオと称される特許群によって、市場性(競争優位性)を確保しています。パテントポートフォリオには、有効成分自体を保護する物質特許をはじめとして、有効成分の用途・製法・製剤、製造中間体、周辺化合物、疾患マーカーの測定方法等を保護する各種特許があり、医薬品の事業を総合的に保護しています。

また、近年には再生医療、細胞治療、遺伝子療法など先端医療技術が開発されてきており、これら新技術から生み出される新事業を、どのようなパテントポートフォリオで保護していくかという新しい命題が医薬品産業界の知的財産の領域に与えられており、当社知的財産部の重要な課題にもなっています。

中期成長戦略の実現に向けて

知的財産部では、新規科学アイデア(発明)と製品の信用(goodwill)を適切に保護、活用することで、中期成長戦略の実現を目指してグローバル化が加速する全社事業活動をサポートしています。そのため、世界各拠点にある知的財産部のチームが一体となってグローバル活動に対応できる組織を構築するとともに、また世界中の知財制度がボーダレスに展開される事業に即応できるように各種外部団体活動を通してロビーできるような体制を取っています。こうしたグローバルな知財活動を実施することによって、以下のタスクを実現し、研究・開発から販売に至る当社の全事業を支えます。

  • (1) 製品・パイプラインの充実化およびその権利保護
  • (2) アライアンスサポートによる導入・導出活動の活発化および適切化
  • (3) 広域国での権利確保とその保護

 

このような活動を通して、中期成長戦略の目標を達成するためには、とりわけ、パイプラインの強化および新規進出国・新興国市場での成長が重要な課題です。その一環として、知的財産部では、疾患領域ごとの研究開発活動をグローバルにサポートできる体制を新たに構築し、製品ごとのみならず領域としての研究開発戦略を知財面からサポートする体制をスタートさせました。また新規進出国・新興国市場への対応として、特許・商標の面から新規進出地域全般への全方位的なサポートを進めるのと並行し、市場戦略と合致させた重点的な取り組みを行なう国を指定し、知財面からより一層緻密な対応にも取り組んでいます。このような積極的な取り組みによって、今後もより一層、パイプラインの強化および世界各国市場での事業基盤の強化に貢献します。