>研究開発活動 >研究開発体制 >米州武田開発センター Inc.

米州武田開発センター Inc.

米州武田開発センター Inc.(米国 ディアフィールド)では、世界各地に存在するタケダの開発・販売組織と密接に連携し、人々の健康に貢献する画期的な新薬の「発見」を導いています。米州武田開発センター Inc.の事業運営で重視しているのはダイバーシティ(多様性)と透明性です。共通の価値と多様な文化を尊重し、緊密な協力しながら仕事を進めることで、医薬品開発手法にイノベーションをもたらし、幅広い治療分野において、一日でも早く患者さんに安全かつ有効な医薬品を提供することを目指しています。米州武田開発センター Inc.では、科学者、医師、その他の専門家から構成される約600名の精鋭スタッフが、アンメット・メディカルニーズに対応するための新しいチャンスを常に模索しています。こうしたチャンスを現実のものとするには、新しい治療アプローチに加え、製品パイプラインを拡大させる戦略的な提携やパートナーシップの確立も求められると考えています。