グローバルファイナンス担当職×グローバルファイナンス担当職 ファイナンスを通じて、患者さんの健康に貢献する

  • HOME
  • 社員紹介
  • グローバルファイナンス担当職 × グローバルファイナンス担当職 対談

 優れた医薬品を世界中の患者さんに安定的に届けるために、タケダを経営の側面から支えるスタッフがいます。世界規模で展開するタケダの数字を扱う、グローバルファイナンス部の2者の対談から、業務内容や職場環境などについてご紹介いたします。

  • 左 連結会計
    グローバルファイナンス フィナンシャルコントローリング 連結会計(2013年入社)
  • 右 BP&アナリシス
    グローバルファイナンス フィナンシャルコントローリング ビジネスプランニング&アナリシス(2010年入社)

どんな仕事ですか?

グローバルベースでの経営状態を数字で把握し、社内外に発信する仕事

連結会計:私は連結会計の業務を担当しています。世界各国の関係会社から数字を集めて適切な会計処理を行い、タケダグループとしての実績の数字を報告するのが連結会計の仕事です。その数字は社外向けに発表する数字で、タケダの経営状態を表し、多くのステークホルダーに影響を与える重要なものです。

BP&アナリシス:私は連結会計チームや部門から報告される実績および予算を分析し、今後の会社の方向性を経営陣に報告するビジネスプランニング&アナリシスというチームに所属しています。
職場環境や業務の面でも、近年はグローバル化が加速したように感じませんか?海外からの社員が多く、日本で働き始めていますよね。

連結会計:私たちのフロアは海外のスタッフが増え、英語でのコミュニケーションが多くなりましたね。それに、会計システムもグループで統一することになり、システム導入にあたって海外とのコミュニケーションが増え、多様な価値観や仕事の進め方を学ぶ機会が増えて刺激的です。

BP&アナリシス:グローバルファイナンスとして多様な考え方を業務に取り入れることで、新たな分析の観点が増え、より経営判断に資する情報を提供することができるようになったと思います。今後も視野を広げて考え方を学び、業務に活かしていきたいですね。

グローバルファイナンスのやりがいって?

 ファイナンス面から会社を支えることで、患者さんの健康に役立っていること

BP&アナリシス:直接患者さんに接する機会は少ないですが、就職活動のときも、今でも「人々の健康に貢献したい」という想いは持ち続けていますよね。

連結会計:安全な医薬品を安定的に供給し続けるためには、適正な財務報告を行い、会社として存続し続けなければなりません。そうした意味で、私たちが行っている日々の業務は、会社の存続になくてはならないものなので、最終的にタケダの製品を必要としている患者さんの元へ届けることにつながり、「人々の健康に貢献する」ことになっていると思います。

BP&アナリシス:その通りですよね。私の場合は、財務計画も行っていますので将来タケダがどのような方向に挑戦しようとしているのか、その先にどのように患者さんの健康に貢献していくのか、それを認識することで日々高いモチベーションをもって業務に繋げたいと考えています。また、それを社内外に発信して、タケダの従業員が方向性を同じくすることで、患者さんに対して貢献することができると思います。

今後の目標は?

ビジネスの現場とファイナンスの繋がりを学びたい

連結会計:私たちのポジションは、数字をまとめて扱うところですが、今後はさらに現場に近いところで仕事ができたらいいなと思います。原料調達から製造、研究、物流など、私たちが今扱っている数字がどのように生み出されているのか学びたいと考えています。特に新興国のビジネスの現場に密接に携わる仕事をしてみたいです。

BP&アナリシス:ビジネスと数字の関係性を把握したいという想いがあります。会社全体の数字に触れる機会は多いですが、ビジネスがどのように数字に反映されるのか学び、経験を積みたいと考えています。

cross talk 互いの職種の魅力に迫る、社員同士の対談をご紹介

  • MR職×研究職(基盤技術)
  • 生産技術職×技術研究職×生産技術職
  • グローバルファイナンス担当職×グローバルファイナンス担当職
  • 研究職(製剤技術)×研究職(バイオ技術)
  • ENTRY 新卒エントリー

    募集要項を見る

  • INTERNSHIP インターンシップ参加申し込み

    インターンシップ情報を見る