ベクトルスマートオブジェクト
graph button

どう備えればいいの?更年期

準備次第で若さに差をつけるチャンス

40代後半~50代前半の女性に起こるからだの変化

卵巣が働きを休止。エストロゲンの分泌低下による症状が現れます。

更年期(閉経の前後5年間)
今から始めておきたいケア
ベクトルスマートオブジェクト

仕事のこと、子供の独立、将来への不安など環境の変化やストレスを受けやすい時期です。ストレスの受け止め方で更年期の症状は大きく変わります。

閉経後は、コレステロールの値が上がったり、急速に骨の量が減ったりします。早くから運動する習慣を身につけておくと、血管や骨を丈夫にして、更年期以降の動脈硬化や骨粗しょう症の予防に役立ちます。

気をつけていても生活習慣病やがんのリスクが高くなってくるので、病気知らずの人でも、定期的に検診を。

周りをみれば母親や友人など更年期を乗り越えた先輩はたくさんいるはずです。相談してみましょう。

40歳前なのにほてりやめまいが...若年性更新期?

月経が毎月あるなら大丈夫です。ほてりやめまいは、ストレスで自律神経の調節がうまくできなかったり、月経前症候群の方でもみられます。ただし、月経が止まっている状態を長く放置すると、月経が回復しない場合があるので、早めに治療を受けましょう。

からだが大きく変化するときだからこそ、自分の生活について見直す機会と考えましょう。

更年期の症状には個人差がありますが、検診などからだのケアをしたり、とりまく環境を見直すなど、
早めに対策をしておくことが大切です