お魚アブラのヒミツとは|脂質異常症|お魚と中性脂肪のヒミツ

お魚アブラのヒミツとは

お魚のアブラが中性脂肪を下げる理由は何でしょうか?
それはお魚のアブラに含まれるオメガ3系脂肪酸(EPA*1およびDHA*2など)にあります。
アブラの特徴は含まれる脂肪酸によって決まります。大きく分けてお肉のアブラなどの動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」と、お魚のアブラや植物のアブラに含まれる「不飽和脂肪酸」の2つがあります。

まんがで解説!第3話はこちら

「不飽和脂肪酸」のなかでも、お魚のアブラには「オメガ3系脂肪酸の不飽和脂肪酸(EPAおよびDHAなど)」と呼ばれるものが、中性脂肪を下げる効果があります。
一方のお肉のアブラに多く含まれる「飽和脂肪酸」はたくさんとりすぎると悪玉(LDL)コレステロール値が高くなります。ですから、お肉の食べ過ぎには気をつけて、お魚をたくさんとるようにしましょう。
*1 EPA:エイコサペンタエン酸 *2 DHA:ドコサヘキサエン酸

※オメガ3(ω3)はn-3と表記されることもあります。

中性脂肪が高い方は、脳卒中や心筋梗塞をおこしやすいといわれています。

こんなアブラのとりすぎ注意(トランス脂肪酸)

最終更新日:2016年2月24日

このページをダウンロード

>

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTMプラグインが必要です。

第1話:「中性脂肪が高いって?!」

  • 第1話の解説へ
  • まんが第2話へ

第2話:にゃるほど! お魚アブラと中性脂肪のカンケイ」

  • 第2話の解説へ
  • まんが第3話へ

第3話:ウォ!お魚アブラのヒミツとは

  • 第3話の解説へ
  • まんが第1話へ