前立腺がん 早期発見・予防のために

PSA検査とは?

PSA検査は、前立腺がんの早期発見のために非常に重要な検査です。血液検査だけで測定できるので、前立腺がんの集団検診でも用いられます。PSAは体の中にもともと存在する成分で、健康な状態でも前立腺でつくられています。
PSA検査・基準値

PSAが高い場合に考えられる疾患は①前立腺がん、②前立腺肥大症、③前立腺炎などです。また、前立腺への機械的な刺激でも軽度上昇する場合があります。この中で、もっとも重要な疾患が前立腺がんです。前立腺がんは、PSAの値が高くなるに従って発見される確率が高くなります。前立腺がんがあるとPSAの血液中の量が急激に増えてくるので、がんの早期発見に役立ちます。

がんと診断される確率

日本泌尿器科学会HPより