前立腺がんの診断と検査

検査の流れ

検査イメージ

前立腺がんは、比較的簡単な検査で発見できます。問診の後に行われるおもな検査は、採血によるPSA検査や直腸指診です。さらに詳しく調べるために、直腸からの超音波検査やMRIを行うこともあります。
そうした検査で前立腺がんの疑いがあれば針生検を行います。その結果、がんとわかれば進行の程度を調べるために、CT、MRI、骨シンチグラフィーなどによる検査を行います。

検査の流れ:スクリーニング→確定診断→病期診断