前立腺がんの治療

ホルモン療法

前立腺がんの増殖・進展は、男性ホルモンに依存しています。ホルモン療法は、男性ホルモンの働きを抑えて前立腺がん細胞の増殖と活動を抑える治療法で、ほとんどの前立腺がんがこの治療によく反応します。

ホルモン療法の種類

ホルモン療法には大きく分けて、男性ホルモンを「作る過程を抑える方法」と「前立腺に作用する時点で抑える方法」があります。前者では男性ホルモンの分泌を低下させる薬剤(LH-RH アゴニスト、LH-RHアンタゴニスト)を皮下注射する方法、去勢術(男性ホルモンが作られる精巣自体を摘除する方法)などがあります。また後者には、抗男性ホルモン剤を服用する方法があります。

前立腺がんのホルモン療法

ホルモン療法の特徴

ホルモン療法は抗がん剤や放射線療法のように、細胞を殺してしまうわけではありません。そのため、治療を続けているうちにホルモン療法に対する抵抗性が出てきて、少しずつ治療効果がみられなくなります。ただし、治療効果のみられる期間は、人によって様々です。