2.タイプと病期(ステージ)について

多発性⾻髄腫の診断では、⾎液や尿の中にあるM蛋⽩と⾻髄腫細胞の量、症状が出ているかどうかによって、いくつかのタイプに分けられます。また、進⾏度を表す病期は、早期のⅠ期から進⾏したⅢ期まで3段階に分けられます。タイプと病期を調べることは、病気の経過予測、および治療⽅針を決めるために重要です。

多発性骨髄腫のタイプ

多発性⾻髄腫は、M蛋⽩や⾻髄中の形質細胞の量、臓器障害の有無によって、いくつかのタイプに分けられます(表2)。無症候性⾻髄腫は、⾎液や尿の中にM蛋⽩が⼀定レベル以上みられますが、症状や臓器障害はない状態です。意義不明のM蛋⽩⾎症は、異常な形質細胞によって産出するM蛋⽩が少ないレベルでとどまる病気で無症状です。⼀般的に、無症状なら治療の対象になりませんが、⾎液検査などで、進⾏するリスクが⾼い⾻髄腫診断バイオマーカー(表3)がある場合には、治療を開始することがあります。
⾼カルシウム⾎症、腎障害、貧⾎、⾻病変(⾻の痛み、⾻折など)のどれか1つでも症状や臓器障害が出ている場合には、症候性⾻髄腫と診断されます。多発性⾻髄腫の患者さんのほとんどはこのタイプであり、治療が必要です。
⼀⽅、M蛋⽩はみられないものの⾻髄腫の症状がみられる場合は⾮分泌型⾻髄腫、⾻の1か所に⾻髄腫細胞の塊があるときには⾻の孤⽴性形質細胞腫と診断されます。治療は、症候性⾻髄腫と同じように⾏います。

表2 多発性骨髄腫とそのほかの骨髄腫

表2 多発性骨髄腫とそのほかの骨髄腫 画像を拡大する

表3 進行するリスクが高い骨髄腫診断
バイオマーカー

表3 進行するリスクが高い骨髄腫診断バイオマーカー 画像を拡大する

多発性骨髄腫の病期

多発性⾻髄腫の病期は、病気の進⾏度を表し、⾎液中のアルブミンとβ₂ミクログロブリンの数値によってⅠ〜Ⅲ期まで3段階に分類されます。Ⅲ期が最も病気が進⾏した状態です(図2)。治療法を選ぶため、また今後の⾒通しを知っておくためにも、⾃分の病気のタイプや病期を知っておきましょう。

図2 多発性骨髄腫の国際病期分類

図2 多発性骨髄腫の国際病期分類 画像を拡大する