多発性骨髄腫の治療を受けられる患者さんへ 監修:徳島大学大学院医歯薬学研究部 血液・内分泌代謝内科学分野教授 安倍 正博 先生

多発性骨髄腫の治療を受けられる患者さんへ 監修:徳島大学大学院医歯薬学研究部 血液・内分泌代謝内科学分野教授 安倍 正博 先生

多発性骨髄腫について

多発性骨髄腫とは「骨髄」の中にある「形質細胞」と呼ばれる細胞が、がん化し、「骨髄腫細胞」となり増殖する病気です。病気が進行すると骨の破壊による痛みや骨折、M蛋白の産生による腎障害、また造血が妨げられることによる貧血、感染症など様々な症状や臓器障害が現れるようになります。

弊社の医療用医薬品をお使いの方へ

こちらは患者様ならびにご家族の方々に弊社製品(プロテアソーム阻害薬)を正しく使用していただくためのページです。