リンパ腫のお話

ホジキンリンパ腫の特徴

HOME > 治療について ホジキンリンパ腫の特徴

ホジキンリンパ腫の特徴

ホジキンリンパ腫は欧米人では全悪性リンパ腫の約30%、日本人では約7%と少ないタイプです。若い人(20歳代)と中年層(50~60歳)と2つの年代で発生のピークがあります。初期の症状は無症状か、リンパ節が腫れても痛くありません。首のリンパ節の腫れが最も多く現れます。
腫瘍の細胞の形から、大きく「古典的ホジキンリンパ腫(CHL)」と「結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫(NLPHL)」の2つに分けられます。古典的ホジキンリンパ腫は結節硬化型、リンパ球豊富型、混合細胞型、リンパ球減少型の4つに分けられます。

ホジキンリンパ腫の細胞
参考文献:

一般社団法人 日本血液学会(編):造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版,295-317,金原出版,2018.

Aoki R, et al; Pathol Int, 2008, 58, 174-182.

ホジキンリンパ腫オンライン

▲ ページの
先頭へ