リンパ腫のお話

検査・診断について

HOME > リンパ腫とは 検査・診断について

検査・診断について

悪性リンパ腫が疑われるときは、基本的な血液検査に加え、腫れがあるリンパ節の細胞を採取して詳しく調べます。また、悪性リンパ腫が体のどこに、どの程度の大きさであるかを調べるため画像検査も行われます。

悪性リンパ腫の疑い

問診

リンパ節の腫れや症状などを確認します。

血液検査

採血では、赤血球数・白血球数(好中球・リンパ球などの割合も含む)・血小板数、肝機能、腎機能、感染症の有無などを検査します。

超音波検査

超音波検査で腫れているリンパ節の形や数、大きさを検査します。(必要に応じて)

CT検査・MRI検査

CT検査はX線、MRI検査は磁気を利用して画像診断し、リンパ節や脾臓(ひぞう)の腫れなどを検査します。

悪性リンパ腫の確定診断

リンパ節生検と組織検査(病理学的検査)

リンパ節生検
腫れているリンパ節や腫瘤(しゅりゅう)の一部を切除して、悪性リンパ腫かどうかを診断するための組織検査(病理学的検査)を行います。
組織検査(病理学的検査):
顕微鏡で細胞の形態から、悪性リンパ腫の診断をします。さらに、染色体異常があるかどうか、細胞表面のタンパク質(表面抗原)などを見て、最終的にどのタイプの悪性リンパ腫かを判定します。

悪性リンパ腫の病期を診断

骨髄検査

局所麻酔後、腰の骨(腸骨)に針を刺し、骨髄液や組織を採取して(骨髄穿刺(こつずいせんし)・骨髄採取)、悪性リンパ腫の細胞が骨髄に広がっているかどうかを調べます。

PET検査

がん細胞にはブドウ糖を多く取り込む性質があります。これを利用して、ブドウ糖に似た薬剤を注射し、その取り込みの分布を撮影して、病変の広がりを調べます。治療後に、病変が残っていないかどうかを評価するために行われることもあります。CT検査と同時に行うことで、精度が上がります。

CT検査

首、胸、腹、骨盤などに病変が広がっていないかどうかを見るために、造影剤を注射して、検査することもあります。

脳脊髄液検査

悪性リンパ腫が脳や脊髄に広がっていると疑われるときは、腰椎の間に細い針を刺して脳脊髄液を採取する検査を行います。

消化管内視鏡検査

胃や腸に悪性リンパ腫が広がっていないかどうかを確認するために、内視鏡検査を行うこともあります。必要に応じて、組織を採取して調べます。

参考文献:

・堀田知光(編),永井宏和(著):インフォームドコンセントのための図説シリーズ 悪性リンパ腫 改訂3版,3.病気の広がり(臨床病期),16-19, 医薬ジャーナル社,2017.

・永井正:図解でわかる白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫,160-165,法研,2016.

CT検査CTはComputed Tomography(コンピュータ断層撮影)のこと。体の周囲からX線を当てて、体の断面図を撮影する検査のことです。病変の大きさや広がりを観察できます

生検「生体検査」の略。病変の一部をメスや針で採取して、顕微鏡などで組織を詳しく調べることです。悪性リンパ腫の生検は、麻酔して、しこりのあるリンパ節か腫瘍の一部を切り取って顕微鏡で観察します。

染色体異常細胞の核の中にある遺伝情報を担う物質が染色体で、ヒトは22対44本の常染色体と1対2本の性染色体をもっています。染色体の数や形に異常が起こることを染色体異常といいます。白血病や悪性リンパ腫などは、血液細胞の染色体に異常が起こるもので、この病気が遺伝することはありません。

抗原病原性のウイルスや細菌、がん細胞、花粉、卵、小麦などの生体に免疫応答を引き起こす物質

骨髄検査骨髄穿刺(こつずいせんし)ともいいます。この検査は、胸骨、もしくは腰にある腸骨に針を刺して、骨の中にある骨髄組織をとる検査です。穿刺吸引法(せんしきゅういんほう)と針生検法(はりせいけんほう)があります。腰の骨(腸骨)に注射針を刺して骨髄液を吸引するのが穿刺吸引法、生検針で骨髄組織を採取するのが針生検法です。

PET検査PETはPositron Emission Tomography(陽電子放出断層撮影)のこと。放射性ブドウ糖液を注射して、体内から放出される放射線を計測して、断層画像を作成する検査です。細胞のエネルギー源はブドウ糖ですが、がん細胞は正常な細胞より大量のブドウ糖を必要としているため、PET検査で腫瘍の活動の状態を調べることができます。

▲ ページの
先頭へ