リンパ腫のお話

リンパ腫の原因

HOME > リンパ腫とは リンパ腫の原因

ウイルス・細菌、感染による炎症との関連

悪性リンパ腫の原因はほとんど解明されていません。
しかし、ウイルス等の感染が一部のリンパ腫の原因になることがあります。
ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)は、成人T細胞白血病リンパ腫の原因になることがあります。胃に発生するマルト(MALT)リンパ腫は、ほとんどのケースでピロリ菌に感染し、慢性胃炎が起こっています。ピロリ菌を除菌すると悪性リンパ腫も小さくなる場合もあります。これらに感染したすべての人ではなく、ごく一部の人に悪性リンパ腫が発症します。

遺伝子の異常

悪性リンパ腫の細胞を調べると、染色体異常が見つかる場合があります。そのため、染色体異常に伴う遺伝子の異常が発症にかかわっていると考えられています。遺伝子異常の原因としては、加齢、慢性の炎症、放射線に曝(さら)されるなどが関連しているともいわれていますが、解明されていません。

リンパ球の”がん”化と悪性リンパ腫の発症
参考文献:

・堀田知光(編),永井宏和(著):インフォームドコンセントのための図説シリーズ 悪性リンパ腫 改訂3版,1.悪性リンパ腫とは,6-9,医薬ジャーナル社,2017.

・永井正:図解でわかる白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫,154-155,法研,2016.

染色体異常細胞の核の中にある遺伝情報を担う物質が染色体で、ヒトは22対44本の常染色体と1対2本の性染色体をもっています。染色体の数や形に異常が起こることを染色体異常といいます。白血病や悪性リンパ腫などは、血液細胞の染色体に異常が起こるもので、この病気が遺伝することはありません。

遺伝子異常染色体の一本一本に二重らせん構造になったDNAが巻き付き、DNAの一部分に遺伝情報が書かれた遺伝子があります。遺伝子は内外のストレスや突然変異で、毎日何千カ所も傷ついています。このようにして遺伝子が傷つくことを遺伝子異常といいます。正常な細胞には遺伝子の傷を修復する機能がありますが、遺伝子異常が同じ細胞で何回も積み重なると、がんが発生します。

▲ ページの
先頭へ