予防接種・ワクチンのおはなしトップへ





ワクチンと感染症予防

ワクチンの種類

ワクチンを上手に受けていただくために

麻疹排除計画
予防接種スケジューラー



日本脳炎

ジフテリア

百日せき

破傷風

麻疹(はしか)

風疹(ふうしん)

おたふくかぜ

インフルエンザ



用語解説集

ワクチン保存剤について


生活習慣病情報のトップへ

インフルエンザ

インフルエンザワクチン接種前・接種後の注意 予防法やかかった後の処置について
インフルエンザ
  インフルエンザは、インフルエンザにかかった人のくしゃみや、つばなどと一緒に放出されたウイルスを、鼻腔や気管等に吸入することで感染します。
  日本では例年11月から4月に流行し、いったん流行が始まると短期間で乳幼児から高齢者まで膨大な数の人を巻き込みます。特に高齢者や呼吸器等に慢性の病気をもつ方は重症化しやすく、生命の危険も伴うため、注意が必要です。
飛沫感染   また、子どもがインフルエンザにかかると、まれに急性脳症を起こして死に至ることもあります。
  現在、インフルエンザはAソ連型(H1N1)、A香港型(H3N2)、B型の3種類が同時に、あるいは混在して、それぞれが毎年少しずつ変異しながら流行を続けています。
症状
  普通の風邪と異なり、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛といった全身の症状が強く、あわせて普通の風邪と同様の、のどの痛み、鼻汁などの呼吸器症状も見られます。さらに、気管支炎や肺炎、子どもの場合は中耳炎や熱性けいれん、急性脳症等を併発して重症化することがあるのも特徴です。                      
発熱 頭痛 関節痛 のどの痛み 気管支炎
ワクチンの接種効果
  インフルエンザワクチンの接種は、インフルエンザによる重篤な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限にとどめることができます。ワクチンの効果は、年齢や本人の体調、そのシーズンのインフルエンザの流行株とワクチンに含まれている株の合致状況によって変わります。
  ワクチンの接種を受けないでインフルエンザにかかった65歳以上の健常な高齢者について、もし接種していたら、約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったと報告されています。特に65歳以上の方や、基礎疾患のある方、乳幼児(1歳以上6歳未満)は、インフルエンザが重症化しやすいため、かかりつけ医とよく相談のうえ、接種を受けることをおすすめします。 特に65歳以上の方は、接種を受けることをおすすめします。
ワクチン接種の対象となる方:定期接種
  65歳以上の高齢者および60〜65歳未満で基礎疾患(気管支ぜんそく等の呼吸器疾患、慢性心不全・先天性心疾患等の循環器疾患、糖尿病、腎不全、免疫不全症など)がある方に接種できます。
ワクチン接種の対象となる方:任意接種
  インフルエンザの発症と重症化を防ぎたい方すべてが任意接種の対象です。
ワクチンの接種間隔
接種間隔は1〜4週間です
13歳以上の方は、1回の接種で効果があるといわれています
13歳未満の子どもは2回の接種が必要であるといわれています。その場合、原則的に接種間隔は1〜4週間ですが、より免疫効果を高めるためには、1回目の接種から4週間後に2回目を接種するのが最適です。
ワクチンはいつごろ接種するのが効果的?

インフルエンザウイルスは毎年のように変異しながら流行を繰り返しています。これに対応するために、原則的に予防接種は毎年必要です。流行期である初冬から春先に備えて、遅くとも12月中旬までにワクチンの接種を済ませておくとよいでしょう。 また、ワクチンの予防効果は、接種後2週間からはじまり、5カ月間は持続するといわれています。 12月中旬まで
ワクチンに使われる株はどうやって決められる?

WHOの専門会議で次シーズンに向けたインフルエンザワクチンに用いる候補株が選定されます。WHO推奨株を参考にして、あわせて日本の流行状況等から予測を行い、またワクチンの製造に適した株を選択し、毎年5〜6月頃に次のシーズンのワクチン株が決定されます。
 

このページのトップへ