武田薬品工業株式会社

なぜなに?糖尿病百科

総監修 : 順天堂大学 名誉教授 河盛 隆造(かわもり りゅうぞう)先生

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病基礎編
糖尿病と診断されても、早期には自覚症状がないから気にしないという人も多いのではないでしょうか。糖尿病は知らず知らずのうちにあなたのからだをむしばむ病気なのです。
高齢者編
高齢者では、からだの代謝機能が落ちたり、糖尿病以外の病気を合併していることもあるので、それらを考慮した治療をします。また、周囲の支援体制も大切になります。

糖尿病予備群とは?

糖尿病予備群編
糖尿病を発症していなくても、血糖値が正常より少し高めの段階から、血管の障害は始まっています。早めに対策を講じて、糖尿病にならないように気をつけましょう。
メタボリックシンドローム編
内臓脂肪の蓄積を基盤としたメタボリックシンドロームは、動脈硬化を進展させ、さまざまな疾患を引き起こします。そのため早い段階から生活習慣を見直すことが重要です。

どんな検査があるの?

検査内容編
糖尿病の検査には、血糖値の検査以外にもいろいろな種類があります。糖尿病を早期に見つけたり、糖尿病の合併症を予防するためには、定期的に検査を受けることが大切です。

食事・運動の気になること

食事療法編
食事療法は、食べ物の適正な量と質を守ることであって、厳しい食事制限をすることではありません。食生活に少し工夫を加えて、食事療法を続けていきましょう。
運動療法編
糖尿病の治療では、生活習慣の改善が必要であり、運動も大切な治療のひとつです。適切な運動を続けて、血糖コントロールの改善につなげていきましょう。

お薬による糖尿病の治療

糖尿病治療(内服薬編)
食事・運動療法を行っても血糖値が下がらない場合、内服薬による治療も必要になります。きちんと服用して、良好な血糖コントロールを保ちましょう。
糖尿病治療編
糖尿病の治療は、食事・運動療法を基本にして、内服薬やインスリンによる治療も行います。医師の指示にきちんと従い、良好な血糖コントロールを維持しましょう。

合併症について

大血管症編
糖尿病では、動脈硬化が進んで、心臓や脳などの太い血管が障害される危険性があります。生活習慣を改善し、血糖値や血圧を管理して、早いうちから予防に努めることが大切です。
細小血管症編
糖尿病では、全身をめぐる細い血管が障害を受ける細小血管症を合併する危険性があります。発症早期には自覚症状がないことが多いので、気づかないうちに症状が悪化していることがあります。

最終更新日:2018年2月15日