>ニュースルーム>最後の10年を、最高の10年に

最後の10年を、最高の10年に

日本では、「平均寿命」と「健康寿命」*の差は約10年と言われています。人生最後の10年を、自分にとって最高だと思える10年とするために、将来の状況を想像しながら、現在の生活習慣を一人ひとりが大切に考える。その一助にしていただくことを目的として、本映像を制作しました。

*「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。