植物のご紹介

サラシナショウマ

サラシナショウマ

Cimicifuga simplex Turcz.  キンポウゲ科 (Ranunculaceae) 
生薬名:ショウマ(升麻)     薬用部位:根茎
 日本、中国北部に分布する大型多年生草本で高さ150cmに達します。冷涼な気候を好む植物なので、わが国では標高1000m以上の高原にみられます。平地で栽培するときには遮光を必要とします。和名の「サラシナ」は若菜を茹で水にさらして山菜として食したことに由来します。本種やその他同属植物の根茎はシミゲノール(トリテルペノイド)などの有効成分を含み、解熱、解毒、抗炎症作用があります。 一般用漢方294処方のうち、乙字湯(おつじとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などの13処方に配合されています。

花期は8~9月頃で、白く小さな花を多数咲かせます。

山地の草原や林縁、まばらな落葉樹林の中などに自生します。

10~11月頃、茎葉が枯れてから掘り上げ、水洗い後日干しにした根茎が生薬「升麻」です。