植物のご紹介

マツホド

マツホド

Wolfiporia cocos Ryvarden et Gilbertson サルノコシカケ科(Polyporaceae)
生薬名:ブクリョウ(茯苓)  薬用部位:菌核
アカマツやクロマツの生きた根に菌糸が寄生し、菌核である茯苓は宿主のマツ類が枯れてから形成されます。主に中国東南部にて栽培され、日本にも自生しています。マツの根元を「茯苓突き」という道具で突いて見つけ出し、掘り上げます。外面は褐色でしわがあり、内部は基本的に白色です。成分として、多糖類のパキマン、トリテルペノイドのエブリコ酸などを含みます。利尿・健胃・鎮静を目的として用いられ、一般用漢方製剤294処方中には五苓散(ごれいさん)など93処方に配合されています。

マツの根を抱き込むものは「茯神(ぶくしん)」と呼ばれ、特に珍重されます。

宿主のひとつであるアカマツ。

市場品は通常、外層が剥がされ、切断されています。