植物のご紹介

ウンシュウミカン

ウンシュウミカン

Citrus unshiu (Swingle) Marcow. ミカン科(Rutaceae)
生薬名:チンピ(陳皮)  薬用部位:果皮
本種の名は、中国浙江省の温州にちなんで命名されましたが、温州原産ではなく日本原産と推定されている常緑低木です。その由来については諸説がありますが、近年のDNA鑑定の結果、本種の親品種がキシュウミカン(C. kinokuni Hort. ex Tanaka)とクネンボ(C. nobilis Lour.)であると推定されました。
生薬「陳皮」は本種の成熟した果皮を乾燥したもので、ヘスペリジン(フラボノイド)などの成分を含み、芳香・苦味健胃、鎮咳などの作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち、香蘇散(こうそさん)、平胃散(へいいさん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)など48処方に配合されています。

5月頃に甘い香りの白色の花を咲かせます。

11~12月にかけてミカンが成熟します。薬用には、果肉の部分ではなく、果皮の部分を使用します。

乾燥した果皮を「陳皮」と呼び、陳は「古い」の意で、乾燥して長日月を経たものを良品とし、漢方では通常1年以上を経て橙色が濃くなったものを使用します。