植物のご紹介

カラスビシャク

カラスビシャク

Pinellia ternata Breit. サトイモ科(Araceae)
生薬名:ハンゲ(半夏) 薬用部位:塊茎
北海道から九州、朝鮮半島、中国に分布する多年草です。草丈10~20cmとなり、4~5月に仏炎苞という葉が変形した苞に包まれた花茎を伸ばします。生存力が強い植物で、塊茎、種子、珠芽のいずれからも繁殖が可能であることから、厄介な畑の雑草としても知られています。生薬「半夏」はコルク層を除いた塊茎で、ホモゲンチジン酸(フェノール類)などの成分を含み、鎮吐、鎮咳、去痰などの作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)や六君子湯(りっくんしとう)など63処方に用いられます。

特徴ある仏炎苞の部分(花はこの内部に隠れています)。

生薬「半夏」にはシュウ酸が含まれるので、生姜との相性が良いとされています。

近縁種にはオオハンゲ(P. tripartita Schott)などがあります。